大垣市情報工房 トップ

大垣市情報工房 ロゴ

情報工房周辺に春の訪れを告げる「つくし」が顔を出してきました

冬も終わり、春らしい気候となり、情報工房周辺に、「つくし」が顔を出してきました。

つくしとはスギナの胞子茎のことを指し、春の訪れを告げてくれる植物の一つで、茎の先端に胞子を含んだ穂を持っているのが特徴です。
また、つくしの周りのギザギザとした茶色い葉は、「はかま」と呼ばれ、いくつかの節ごとについています。

つくしの見頃は、3月下旬から4月上旬頃で、繁殖のために先端の部分から胞子を飛ばすと、翌年のために養分を蓄えます。

1日1cm程度伸びるつくしは、その成長の早さから「向上心」や「努力」といった花言葉を持っています。
また、全く別の植物のように見えるツクシとスギナが地下で同じ茎につながれていることから、「驚き」や「意外」という花言葉もあります。

Page Top